お客様からの質問

A2. 性病の種類によって、症状の現れる時期が異なります。一般的な潜伏期間は、クラミジア(約1~3週間)、淋菌(約2~7日間)、梅毒(約3週間)、HIV(約2週間~10年)、トリコモナス(約10日)、カンジダ(約1週間)、B型肝炎(約2~3ヶ月)、C型肝炎(約2~3ヶ月)となります。

※症状が現れる前に、しっかりと検査を受けましょう。

男性の検査タイミングはこちら>>

女性の検査タイミングはこちら>>

A3. はい、一緒に受けることをおすすめします。どちらか一方が性病感染していると、相手にも感染しますので、カップルで検査を受けることが大事です。

男女カップルの検査キットはこちら>> 男女カップルの性病検査

A4. 性病は自然に治ることはありません。早期に治療をしないと、取り返しのつかない場合もありますので、早めに検査を受けることをおすすめします。

A5. はい、あります。 咽喉(のど)クラミジア、咽喉(のど)淋病の2つがあります。

詳しくはこちら>>

A7. ほとんどの性病は、性行為から感染しますので、感染する確率はほとんど同じです。

A8. 性病感染は、血液・精液・膣分泌液と粘膜の接触により感染します。したがって、不特定多数の人との性行為を避け、特定のパートナーとの関係を守ることが重要です。 また、コンドームを使用して粘膜や体液などが直接に接触しないように、性行為の始めから終わりまで、装着することが大事です。

性病検査はどこで受けられるの
性病検査キットの詳細はこちら