C型肝炎ウイルス(HCV)の症状って?

C型肝炎(HCV)症状
【C型肝炎の感染症状】
C型肝炎とは、C型肝炎ウイルス(HCV)の感染によって肝臓に障害が起こる病気です。
初期症状は、これといった自覚症状がないのが特徴ですが、肝臓の炎症が6ヵ月以上続くと、肝臓の細胞が壊れて肝臓の働きが悪くなります。
【C型肝炎の症状をチェック】
からだがだるい
食欲がない
手掌紅斑 (手のひらが赤くなる)
クモ状血管腫 (毛細血管がクモの足状に拡張する)
女性化乳房 (男性の乳房が女性のようになる)
黄疸が出る(体や白目が黄色っぽくなる)
腹壁静脈怒張(お腹の静脈が浮き出てきた)

C型肝炎(HCV)を治療しないとどうなるの?

治療せずに放置していると、肝硬変、肝がんに進行する確率が高くなります。
一般的にC型肝炎ウイルスに感染すると、約20~30年かけて慢性肝炎から肝硬変に進行して、さらに約10年で肝がんに進行することが多いようです。

C型肝炎(HCV)の検査・治療の対処方法!

C型肝炎の検査方法・結果確認・治療方法について、説明します。

C型肝炎の検査方法

・C型肝炎の検査方法は、血液検査です。

C型肝炎検査を受けるタイミング

・「感染の可能性があった日」から、2~3ヶ月後してから検査を受けることがすすめられています。

C型肝炎の郵送検査 費用

・郵送検査キット:3,440円~

C型肝炎検査 結果

・C型肝炎の検査結果は、翌日夕方には分かります。
「検査結果表」や「医療機関への案内状」を発行してもらえます。
これらを医療機関へ提出することで、保険適用で治療が受けられます。

C型肝炎を治療する病院(診療科)

・男性、女性・・・総合病院

C型肝炎の治療期間

C型肝炎の治療には大きく分けて、「抗ウイルス療法」と「肝庇護療法」があります。
抗ウイルス療法は、インターフェロンを使って体からウイルスを駆除するもので、C型肝炎を完全に治すことができる治療法です。
肝庇護療法は、副作用や合併症などで抗ウイルス療法ができない場合に、肝機能を維持しながら肝がんを発症しないように努める治療法です。
C型肝炎(HCV)感染の自宅検査の流れ

C型肝炎 郵送検査キット

「GME 医学検査研究所」が選ばれている理由
GME 医学検査研究所のC型肝炎検査キット
①誰にも知られないように、匿名で検査が受けられる
年中無休(365日)で検査を実施
病院や保健所と同等レベルの検査精度
(群馬県登録衛生検査所第54号に認可)
④検査結果は翌日夕方のスピード判定!
(電話・パソコン・郵送・携帯電話で確認)
検査結果が陽性(+)の場合、提携病院への紹介制度あり
⑥検査キットは、平日17時までなら即日発送します。
⑦送料・代引きなどの手数料無料
NHK、読売テレビ、読売新聞のメディアで紹介あり
※検査方法:男女ともに血液検査
C型肝炎自宅キット 検査費用
自覚症状が出にくいC型肝炎。全身倦怠感、食欲がない、体がだるい、
手のひらが赤くなる症状が出たら検査を受けましょう。
GME医学検査研究所のC型肝炎検査キット

「C型肝炎検査」を含む検査キット

C型肝炎検査
    
男女(共通)
血液肝炎検査(2種類)
1回の検査で、B型肝炎とC型肝炎ができます。
単品で検査を受けるよりもお得です。
検体到着日の翌日夕方には、インターネットで検査結果を確認できます。
検査項目
B型肝炎(HBV)・C型肝炎(HCV)
5,190円(税込)
男女(共通)
血液検査キット(4種類)
1回の血液検査で「HIV、梅毒、B型肝炎、C型肝炎」の検査ができます。
検体到着日の翌日夕方には、インターネットで検査結果を確認できます。
検査項目
B型肝炎(HBV)・C型肝炎(HCV)・エイズ(HIV)・梅毒
7,250円(税込)