どういう性行為で感染するの?

A1. キスから感染する性病には、のどクラミジアや、のど淋病があります。感染する要因は、唾液(だえき)や口内の傷から感染します。

のど感染の詳しい内容はこちら>>

A2. はい、あります。のどクラミジアや、のど淋病は、性器部(ペニス、おまんこ)から口や舌を使う行為によって、咽喉(のど)に感染します。

のど感染の詳しい内容はこちら>>

A3. 肛門には、毛細血管がたくさんあり、アナルセックス等の行為により、出血する可能性が高いです。血液から感染することが多いので、念のために検査を受けましょう。

A4. 早めに検査を受けて下さい。不特定多数の相手と性交渉があるので、性病に感染している可能性がとても高いです。症状がなくても、HIV(エイズ)検査を含む基本検査をおすすめします。

HIV(エイズ)を含む検査キットはこちら>> HIV(エイズ)を含む検査キット

A5. 生理中は細菌などに感染しやすくなっています。さらに血液が付着するため、お互いにリスクが発生しますので、なるべくセックスはお控え下さい。

A6. コンドームをつけることで、性器部から性病に感染する可能性は、かなり低くなります。
ただし、オーラルセックス(フェラチオ、クンニ)等の行為により、咽頭(のど)から感染する場合もありますので、十分に注意しましょう。

A7. 性病は、血液、精液、膣分泌液、唾液等から感染します。そのため、コンドームを使用することで、粘膜や体液などの接触を避けることが大切です。
また、不特定多数の人との性行為を避け、特定のパートナーとの関係を守ることも大切です。

性病検査はどこで受けられるの
性病検査キットの詳細はこちら